新町暁進会会長挨拶



 御挨拶

 日本三大民謡流しのひとつとして数えられ、
 伊勢松坂から天正年間に移入されたと伝えられている
 “新津松坂流し”で幕を開ける「にいつ夏まつり」

 8月19・20日は、各町内が誇る7台の屋台が街を練り歩き、
 そして祭り囃子も賑やかに新町から一之町にかけて
 勇壮に曳き回される“屋台まつり”

 我々『新町暁進会』は、自分達が育ってきた祭りを
 子供達に受け継ぎたいと努めており、
 現在も先輩方の教えを守り奉仕の精神で地域活動を展開しています!


 なお、当サイトは新町暁進会創立30周年記念事業として
 会の活動と共に屋台まつりを見つめ直し、外へ広く発信して行こうと
 平成15年7月吉日に立ち上げたものです。

新町暁進会 第44代会長
建石 信浩










歴代会長と主たる事業内容



初代 佐々木 剛 ◎昭和49年3月22日 初代会長の佐々木剛氏が発起人となり、25名で新町暁進会を発足。
2代 大倉 弘栄 ◎祭り屋台が完成 完成式典を開催。
3代 小倉 勝蔵 ◎朝顔の品評会・町内マラソン大会・新潟市松浜商店街青年部との交流会を実施。
4代 和泉 哲 ◎第1回町内運動会を実施。
5代 鈴木 勝 ◎町内表通りの下水清掃を実施。
6代 小林 俊男 ◎暁進会創立5周年記念式典を開催。(5周年記念事業として町内に活字版を贈呈)
7代 早川 浩 ◎新町祭りを観音寺周辺にて実施。(8月10日)
8代 和泉 哲 ◎交通安全教室を実施する。
9代 藤本 一夫 ◎5月移動例会で家族ハイキングを秋葉山にて実施。
10代 近藤 昭夫 ◎暁進会創立10周年記念式典を開催。(10周年記念事業として町内会館建設事業へ金一封の贈呈・新町屋台にお宝様を謹製し献納)
◎祭り囃子が福島県郡山市に出張。
11代 山田 昌樹 ◎市長を囲む会を 顧問・市議・各種団体の出席を賜り開催。
12代 古川 吉男 ◎町内会館建設特別寄付金として50万円を寄贈。
13代 仲谷 勝六 ◎今年の祭りから催物企画を取り入れる。(エッサッサ・トランペット演奏・オバQ・スーパーマリオを製作)
14代 田中 耕一 ◎5月例会で新津青年会議所理事長を招き懇談会を開催。
15代 小林 雅 ◎暁進会創立15周年記念式典が昭和天皇の崩御により中止。
16代 小林 敏夫 ◎暁進会の一般組織と祭り組織を一本化し組織・運営の合理化を進める。
17代 塚野 良彦 ◎9月例会で顧問の奥村吉松氏を招き懇談会を開催。
18代 小林 豊 ◎鉄道まつりに新町屋台が参加。(7月7日)
19代 坂内 清 ◎屋台の車輪を村上の山口建築事務所に発注。(2月20日)
20代 奥村 俊哉 ◎暁進会創立20周年記念式典を開催。
◎新造した屋台の車輪を初披露。
21代 遠藤 康朗 ◎6月移動例会で新町ウォークラリーを秋葉山にて実施。
22代 中沢 泰夫 ◎商店街のふれあい松坂流しに新町屋台が参加協力。(8月6日)
23代 井浦 佐敏 ◎暁進会独自で町内清掃作戦を初めて実施。
24代 増田 晴男 ◎6月移動例会で新町ウォークラリーを秋葉山にて実施。
25代 高橋 仁 ◎暁進会の一般組織と祭り組織を別々にし組織・運営の充実を図る。
◎暁進会創立25周年記念式典を開催。(25周年記念事業として屋台まつりフォーラムを開催)
26代 佐藤 武 ◎6月移動例会で新町ウォークラリーを横越沢海にて実施。
27代 杵鞭 真也 ◎屋台まつりで各町7台(6台)の屋台が新町から宮上り。
28代 佐藤 仁是 ◎12月例会に一心会(一之町)を招き交流会を開催。
29代 井浦 悟 ◎6月移動例会で新町健康ウォークを能代川分流記念公園にて実施。(町内会・商店会・婦人会・PTA共催)
30代 石川 紀彰 ◎暁進会創立30周年記念式典を開催。(30周年記念事業としてホームページを製作)
◎新町大橋開通記念イベントに新町屋台が参加。
31代 井浦 行重 ◎11月移動例会で初代会長の佐々木剛氏を招き講演会を開催。
32代 和泉 哲章 ◎屋台小屋の床の改修をを実施。
33代 阿部 正機 ◎6月移動例会で新町健康ウォークを秋葉山にて実施。
34代 佐々木 通 ◎二小の新津島盆おどり大会に祭り囃子が参加協力。
35代 遠藤 正彦 ◎暁進会創立35周年記念式典を開催。
◎12月例会に各町運営団体の方々を招き交流会を開催。
36代 藤本 享一 ◎6月移動例会で新町地域交流会を秋葉山にて実施。
37代 鈴木 康弘 ◎屋台まつりで小若踊りが停車場屋台と共演する。
38代 古川 弥 ◎会員拡大を行い、組織・運営の活性化を図る。
39代 井浦 伸行  
40代 大倉 勝則  
41代 建石 信浩  
42代 伊藤 康裕  
43代 坂爪 慶